ホームスタジアム〜HOME STADIUM〜

Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


画像容量枯渇のため2017年10月1日より容量無制限となる「有料プラン」に変更いたしました。今後とも充実したブログを目指していきますのでよろしくお願い致します。


ただ今、パソコン事情により一眼レフで撮影した画像とビデオカメラで撮影した動画を取り込む事が出来ませんので、当面の画像、映像のアップが出来ない事をご了承下さい。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
武蔵野線ジャカルタ配給を撮る

9月14日、ちょうど夜勤だったのでチャンスがあれば撮影したいと思っていた武蔵野線205系のジャカルタ配給を撮って来ました。この配給は最後尾の方向幕に「ジャカルタ」などと書き込んでJR社員さんの思いが詰まってファンの間でも話題となっています。

 

夜勤を明けて9時頃帰宅。朝食を摂り現場へ。夜勤なのですぐ帰宅出来る近いところを思案すると与野トンネル出口付近を選択。

 

20180916_2673020.jpg

 

まずは2092レ

 

 

20180916_2673016.jpg

 

本線にE257系がやって来た。「疎開回送」かと思ったが小学生が多数乗っており「集約臨」と分かった。今月より日光方面の集約臨が185系からE257系に置き換わったのだ。まさか与野でE257系が見られるとは新鮮でした。

 

 

20180916_2673029.jpg

 

 

3074レ。

いわゆる紙列車でかつては王子製紙に向かっていました。今は新座ターミナル行きとなりトラック輸送されています。

久しぶりの鉄道撮影。普段の近所の撮影でも楽しさを感じました。

 

 

20180916_2673033.jpg

 

 

3074レが与野トンネルに入ると同時にトンネルからEF64が姿を見せる。これが武蔵野線205系のジャカルタ配給列車です。

 

 

 

20180916_2673031.jpg

 

長岡のEF641032に牽かれケヨM13編成が新潟に向けて回送されていきます。

 

 

 

20180916_2673027.jpg

 

 

車体の表記類は一部を残して消されパンタが下がっていました。

 

 

 

20180916_2673022.jpg

 

 

話題の「ジャカルタ」行き方向幕。今回は武蔵野線内各駅停車の「快速」でした。

 

 

 

最初の配給があった時にSNS等に上がった画像を見て「ジャカルタ」幕を見ました。当然ウソ電かと思ったがどなたの画像を見ても「ジャカルタ」幕だったためJRがやってると分かりました。いずれチャンスがあれば撮りたいと思うようになりました。

 

武蔵野線の205系は336両が2020年までにインドネシアに輸出されます。今回で6本目で新潟より船舶でインドネシアに向かいます。

 

 

この配給の運転を知るには?

 

*秋田や郡山などから武蔵野線向けE231系が京葉車両センターに配給される

*205系の運用離脱を確認(火曜から水曜が多い)

*離脱の翌週金曜日に運転されるケースが多い

*木曜日にE235系配給や単機回送で長岡から京葉車両センターにEF64が送り込まれる

 

とこのように「監視」すると運転が予測できます。

 

また時刻ですがパターン化されているので調べれば出ます。

大まかには

新習志野941→大宮1051−53→高崎1210‐12→新津1542

 

 

 

20180916_2673037.jpg

 

 

 

20180916_2673035.jpg

 

 

配給直後、大宮方面から武蔵野線の205系が来ました。「戻って来た」と一瞬驚いたが「むさしの」号か「しもうさ」号の回送でした。

 

「カシオペア」を撮る

9月2日、久しぶりに鉄道撮影をしなくてはと危機感を持ち始めたので雨でありましたが上りで営業のある「カシオペア」を撮影に出向くことにした。前回の撮影も5月20日の上り「カシオペア」でした。

 

雨なので沿線に出る気にもなれず。ましてワシクリやヒガハスにも行く気に成れず大宮以南で適当に。

 

まず「さいたま新都心駅」

先客が1名居られましたがスルー

 

「浦和駅」

かなりのカメラマンでしたが景色を確認。障害物が多く気乗りせず

 

「南浦和駅」

誰もおらず、個人的に穴場にしているが京浜東北線の時刻を調べると「被り」のリスクが高い。

しかし駅には時刻表が無くてネットで調べました。

 

「蕨駅」

被るリスクは少なく2〜3名の撮影者。先端には大勢居たが上野寄りで撮影することにした。

 

 

20180916_2672977.jpg

 

 

全検明けで綺麗な95号機の牽引でHM付。よく見ると南行の京浜東北線と北行の中距離電車がひょこりはんしてます。

 

 

 

20180916_2672971.jpg

 

 

蕨駅で撮影後、大宮経由で帰ります。このとき群馬キャンペーンのラッピング651系を目撃する。

京浜東北線で大宮へ。浦和駅で651系を抜くがすぐ追い抜かれる。すると新都心駅に651系が停車している。

「?」 草津って新都心止まるっけ?

どうやら安全確認で本線が一時運転見合わせしていたようだ。

 

大宮駅で奇跡的に追い抜いた651系を撮影する。

 

20180916_2672975.jpg

 

 

651系1000番台「草津」

 

 

20180916_2672973.jpg

 

車体には群馬県出身のタレント「井森美幸」さんのラッピングが貼られ群馬へ来いとアピールしていました。

 

台風21号、胆振東部地震

【最大級の台風21号】

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=5i-tdqPmB1U

 

 

 

 

暴風と高潮をもたらした台風21号は5日、北海道にも接近し、被害は全国に広がった。各警察や自治体によると、大阪、滋賀、愛知、三重の4府県で計11人が死亡。総務省消防庁のまとめでは、大阪や愛知など28都道府県で計467人が負傷し、住宅被害は、大阪や京都をはじめ27都道府県で一部損壊や床下浸水など計1095棟に上った。

 

文部科学省の調べでは、大阪や北海道を中心に学校関連の296施設に被害が出た。停電は6日午前0時時点で、近畿の約31万6千戸で続いている。タンカーが連絡橋に衝突し、8千人近くが孤立したとみられる関西空港では、高速船とバスによる利用客らの島外への輸送が進められ、5日夜までに希望者約7800人の移送を終えた。

 今回、大きな被害をもたらした要因の一つは、近畿と四国を中心に発生した記録的な高潮だ。大阪(329センチ)や和歌山・御坊(316センチ)、神戸(233センチ)など6地点で過去最高の潮位を観測した。

 高潮に備え、大阪市内では、大阪府が安治川など3本の川の水門を閉鎖。市は361カ所の防潮扉すべてを閉じた。ただ、港区の天保山渡船場の待合室が水没するなどの被害があり、全8カ所の渡船場で運航を中止した。

 兵庫県内では、神戸市のポートアイランドや芦屋市の南芦屋浜、西宮市甲子園浜など人工島で浸水被害が相次いだ。加えて、芦屋市では川があふれ、南部の住宅が床上浸水。神戸市阪神電鉄深江駅周辺で浸水が起きるなど、陸側の市街地でも浸水被害が起きた。

 和歌山市雑賀崎の工業団地では、堤防の一部が壊れて海水が浸入し、団地内にある25社のうち約10社が浸水。建物内には自動車や自動販売機が流れ込み、水は深いところで腰くらいの高さに達した。

 JR西日本によると、阪和線の車両所で電柱が折れた影響で列車が出入りできず、一部区間で運転見合わせが続く。南海電鉄高野線は飛来物で電線が損傷したり、線路に木が倒れたりしたため、一部で運転を見合わせている。

 文化財も被害を受けた。奈良の世界遺産法隆寺では国宝の金堂の屋根にある鐘や、国宝の五重塔の一部が落ちた。京都の世界遺産西本願寺では名勝・滴翠園(てきすいえん)の建物「清浄亭(しょうじょうてい)」が倒木で全壊し、京都・大覚寺では重要文化財の建物「宸殿(しんでん)」が破損。和歌山高野山では、奥の院の参道付近で多くの木が倒れた。このほか京都の二条城仁和寺、滋賀の彦根城、奈良の春日大社でも被害が出た。

 

 

 

 

 

 

 

【北海道胆振東部地震】

 

発生時刻 2018年9月6日 3時08分ごろ
震源地 胆振地方中東部
最大震度 7
マグニチュード 6.7
深さ 40km
緯度/経度 北緯42.7度/東経142.0度
最新の情報に更新

各地の震度

震度7

【北海道】

厚真町
震度6強
【北海道】
安平町
震度6弱
【北海道】
千歳市
震度5強
【北海道】
札幌北区 苫小牧市 江別市 三笠市 恵庭市 長沼町 新ひだか町
震度5弱
【北海道】
函館市 室蘭市 岩見沢市 登別市 胆振伊達市 北広島市 石狩市 新篠津村 南幌町 由仁町 栗山町 白老町

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=BZ9g2c1DAdw

 

 

北海道胆振地方を震源とする大規模地震で、厚真町の土砂崩れ現場から10日未明、男性1人が見つかり、死亡が確認された。町によると、男性は最後まで行方が分からなかった幌内地区の男性(77)。同地震による道内の死者は40人となった。

 北海道によると、これまで死亡が確認されたのは、この男性を含む同町の36人のほか、むかわ町、新ひだか町、苫小牧市、札幌市で各1人。避難所に身を寄せる被災者は2716人(10日午前10時現在)に上る。全半壊した建物は計50棟に及び、安平町、北広島市、日高町、むかわ町に避難指示が出ている。

 一方、広範囲に影響を及ぼした停電は、9日までに北海道全域でほぼ解消した。ただ、需要ぎりぎりの不安定な電力供給が続いており、週明けからは電力需要が高まるとみられるため、北海道電力は住民や企業に節電への協力を呼び掛けた。

 これを受け、JR北海道と札幌市交通局は10日から本数を減らして運行する。JRは電力需要が高まる夕から夜にかけ、札幌−旭川間と札幌−室蘭間の特急計16本を運休。札幌市は混雑する時間帯を避けて日中に地下鉄を計30本、路面電車を計15本運休する。

 厚生労働省によると、一時6万1700戸余りに上った道内の断水は10日午前5時現在で8400戸まで減少。一時1万5000戸余りが断水した札幌市でも一部を除いてほぼ解消した。一方、厚真町では全約2100戸で断水が続き、自衛隊などが給水支援を行っている。 

 

 

 

日本列島がすべて「被災地」になってしまう危機感と恐怖を覚えます。今の北海道の状況は東日本大震災の時の関東の状況に似ているように思います。あの時、余震や生活、仕事など相当の不安感があり「地震酔い」も経験しました。計画停電も経験し生活に大きな支障がありました。どうぞ北海道の皆さま、これから寒い季節を迎えますが困っているときは声を上げて助け合いながら乗り切って欲しいと思います。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

以前撮影して、9月9日にアップしようと温存していた画像があります。

9月9日で「救急車」という事で春頃に見た救急車の画像をご紹介します。

 

DSC_1221.JPG

 

特殊車両を取り扱う会社らしいところの駐車場の光景。全国で引退した救急車がたくさん置いてあり思わず撮ってしまった。

【鉄コレ】東武7300系&7800系

またまた東武の鉄コレです。5700系を入れれば7800系が欲しくなります。最近、東武動物公園に保存されていた7300系の唯一の生き残りが解体されてしまいました。非常に残念な出来事でした。そう言う事もありまして市場の高騰を懸念して安いうちに頂こうと思いました。

 

DSC_1647.JPG

 

7300系旧塗装。7300系は戦後に割り振られた電車で国鉄73系に準しています。その関係で形式は7300系になったようです。各社の割り当ては20両でしたが入線出来ない他社分や導入したが使用を止めた会社からも入線し東武の通勤輸送に大きく貢献しました。

 

モデルは車体更新のため後年に7300系を参考にして自社開発した7800系の車体に更新された姿を再現しており見た目は7800系です。私も幼少期は東武線沿線に住んでいたため良く目にしていました。

 

DSC_1649.JPG

 

7800系セイジークリーム。

1番馴染みのあるのがこのモデル。しかしこのモデルは鉄コレ第23弾のシークレットで販売されたため、これを目的に収集する方は無駄な出費が重なることになる。

 

 

DSC_1650.JPG

 

 

欲しいのは7800系セイジークリーム6連の再現だが7300系も購入したので7300系+7800系の6連の設定です。先ほども申しましたがシークレットなので開封済み単品をかき集めました。編成美を揃えるため7800系を増備する可能性もあります。

 

【鉄コレ】東武5700系

鉄コレ入線が続きます。最近、東武の車両の充実化を目指し始めてしまい5700系を入線させました。5700系というと日光線の花形特急での活躍が語られますがリアルには波動用で残った編成が晩年に「だいや96号」などに入り運用していた時代しか知りません。その運用を撮影もしましたし乗る事もありました。ならば終盤の姿が欲しくなりますが、同モデルは高騰しておりまして断念し白帯の入った編成を揃えました。

 

DSC_1645.JPG

 

DSC_1646.JPG

 

 

2両セットを3セット購入し6連を組む予定。ただN化はまだまだ先になりそうです。

 

 

【鉄コレ】クル144+クモル145

7月の頭に購入したのは鉄コレの「クル144+クモル145」の配給電車。

 

 

DSC_1641.JPG

 

 

DSC_1643.JPG

 

これも発売時に話題となり、つられての購入です。

 

 

DSC_1644.JPG

 

これは動力ユニットも購入しておりN化の予定。

 

配給電車は各工場から電車区などに電車の補修部品などを輸送するための電車で古くからありました。145系は足回りは101系のものを流用し車体は103系に準じたトラック型を採用しています。近年の部品輸送はトラックになったようでこのような配給電車の運転は稀で今では吹田区にあるのみです。実車の活躍は昭和の時代に見たことがあります。

また配給というと今では廃車や新製などで工場と車両センターを走る列車の事を言うことが一般的となりました。

 

 

【KATO】EF58 60&61

5月に購入していたKATOのEF5860とEF5861です。

 

EF5861は数十年前のTOMIX製を持っていますが、これも購入時に店頭でKATO製品を探したが売り切れで店員の勧めでTOMIX製を買った経緯がありこの度のKATO製再生産と聞き予約購入しました。また同時に60号機も再生産されるとあり同時予約です。

 

DSC_1634.JPG

 

EF5861

 

 

DSC_1636.JPG

 

正面気味から

 

 

DSC_1635.JPG

 

 

DSC_1637.JPG

 

整備はまだですがナンバー特定機なのでナンバープレートやメーカーズプレートは付いています。ロクイチ特有の「ため色」も再現されております。また区名札やお召運転時の乗務員名刺入れなどの枠も金メッキが再現されています。連結器のアーノルドも銀色になっていますがナックルカプラーも付属しています。

 

握り棒、日章旗、列車無線、ホイッスル、信号炎管、台座、避雷針も付属。

 

 

 

 

 

DSC_1638.JPG

 

EF5860

 

 

DSC_1639.JPG

 

 

60号機も61号機と同様の付属品仕様となっています。

 

DSC_1640.JPG

 

EF5860とEF5861の並び

 

 

61号機の原型大窓、60号機の改造後の小窓が作り分けられています。

 

 

61号機は言わずともの活躍で私たち世代の鉄道ファンを魅了してくれました。60号機は残念ながら活躍を見ることは無かったのですが1983年5月に東武熊谷線の廃止を見届けるため高崎線に乗った時に大宮工場の解体場で鎮座する60号機を発見し6月2日に工場に向かいました。すると60号機は大型クレーンによって車体が吊り上げられ解体中でした。あまりの衝撃的な光景に絶句しながら解体を見守った記憶があります。その時に解体場面を撮影するカメラマンがいましたが後日発売された「鉄道ファン」誌に見開きで解体シーンの写真が掲載されていました。それから60号機も気になる存在でありました。

 

 

 

模型ではTOMIX製のロクイチは一般運用をこなす影武者として、KATO製はお召装備に整備して「お召」や「サロン東京」などを牽かせたいと思います。60号機は晩年の扱いに準じて荷物列車や臨客で活躍してもらいます。

 

所沢航空発祥記念館を見学

8月13日、所沢にある航空発祥記念館に行って参りました。今、エアレースの室屋義秀氏の特別展を開催中です。

 

DSC_1611.JPG

 

所沢航空公園の国道463号線側から入ると花壇のある通りを行き航空発祥記念館に行きます。この日も猛暑でしたが、この公園には遊具やバーベキューの出来るところがあり家族連れやグループの方が多数楽しんでおられました。

 

DSC_1612.JPG

 

古い輸送機が屋外展示されています。

 

 

DSC_1613.JPG

 

記念館前の広告幕

 

 

 

DSC_1622.JPG

 

 

DSC_1621.JPG

 

DSC_1620.JPG

 

館内には様々な航空機や機器類が工夫され展示されていました。

 

 

 

 

DSC_1623.JPG

 

室屋氏の愛機「エクストラ300」

 

 

DSC_1625.JPG

 

車輪カバーの木型。このカバーに限らず、タイムを出すためにウイングレットや尾翼などを工夫しています。

 

 

DSC_1624.JPG

 

室屋氏の獲得したタイトル。

 

 

興味のある方は、9月9日まで室屋展をやっているので出掛けて見てはいかがでしょうか。

 

2018年夏!

今年の夏は災害級の異常な暑さになった夏でした。12日よりお盆休みになっていますが日頃の疲れかまったく体が動かず撮影遠征に出掛けていません。それでも少しは出掛けているので後日ブログで報告したいと思います。

 

 

 

 

お盆休み中、テレビなどを見ているとワイドショー的な話題に事欠きませんね。大雨やボクシングだとか阿波踊りだとか・・・。

 

その阿波踊りの件も市長と連との対決みたいになって、マスコミがこの構図を煽った感があります。市長の主張ももっともな話で、ただアプローチやコミュニケーションに難があったのではないでしょうか。また対抗する連の方も大人げない対応で総踊りを強行したのはいささか問題。ただよく話し合い来年は素晴らしい「阿波踊り」を披露してもらいたいものです。

 

山口で2歳の子が行方不明になり大分から来た「スーパーボランティア」の方が発見してめでたしめでたし。しかし最初の報道で第一発見者を疑ってしまったのは事実ですが、それでも疑問点は残ります。ちょっとスッキリしません。

 

富田林の容疑者逃走事件も警察の失態でしょう。懸命の捜査をしているようですが早い確保をお願いしたいと思います。

 

 

 

 

大雨もそうですが何といってもこの暑さ。ようやく秋の気配も感じられるようになりそうです。自室ではエアコンが無く夏は非常に辛い思いをしています。7月に別の部屋に「冷風機」を購入する話で買いましたがそれが排熱が凄いもので、その部屋では逃がしきれず冷えるどころかかえって温度が上がるという状態で別の冷風機を買い置き換えました。

 

そしてその冷風機が我が部屋にやって来ました。一時期、冷風機を使った事があったが効果が見込めず止めてしまった事があるがエアコンの取り付けられない部屋なので永い間扇風機で過ごしていました。

別の部屋で問題になった排熱は付属の布かナイロンで出来た排熱管をうまく換気口に繋げて解決。しかし冷風機なので冷たい風は出るが範囲は1〜2ⅿで部屋を冷やすまでには至らず。ならば扇風機で冷風を援護して取り敢えず冷風が部屋に回るようにしました。

それでも室温は日中で37度、夜でも32度とあまり効果が無いようです。だが除湿機能もあり、その効果が効いているようで蒸し暑さ感は軽減されたように感じます。取り敢えず今の使い方が合っているようなのでこの夏はこれで乗り切りたと思います。

 

 

DSC_1645.JPG

 

7月の浦和レッズ

7月1日(日)に浦和駒場スタジアムにて行われました『2018プレナスなでしこリーグカップ1部 Aグループ 第8節 vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース』の試合結果をお知らせします。

2018年7月1日(日)17:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 1-0(1-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
得点 9分 白木 星

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 遠藤(71分→栗島)、長船、高畑、長嶋玲(HT→木崎)
MF 安藤(63分→清家)、柴田、佐々木、加藤
FW 白木(77→吉良)、菅澤
SUB 松本、長嶋洸、塩越

観衆 1,275人

 

 

 

 

W杯期間中とありJリーグは中断中。しかし「なでしこ」はカップ戦が行われていた。1日の市原戦は休日であったが暑さと疲労で参戦を断念してしまいました。

 

 

 

 

 

7月8日(日)、浦和駒場スタジアムにて行われました『2018プレナスなでしこリーグカップ1部 Aグループ 第9節 vs日テレ・ベレーザ』の試合結果をお知らせします。

2018年7月8日(日) 17:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 2-0(0-0) 日テレ・ベレーザ
得点 48分 長船加奈、79分 高橋はな

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 栗島(→80分遠藤)、長船、高畑、木崎
MF 柴田、佐々木、猶本
FW 安藤、菅澤、白木(→77分 高橋)
SUB 松本、南、加藤、吉良、清家

観衆 2,421人 

 

DSC_1569.JPG

試合前のアップ

 

 

DSC_1570.JPG

アップのアップ画像

 

DSC_1576.JPG

スタメン写真

 

 

DSC_1578.JPG

猶本光がコーナーを蹴りに行く

 

 

DSC_1583.JPG

試合終了

 

 

DSC_1584.JPG

結果は2−0で浦和の勝利

 

 

DSC_1589.JPG

猶本光、移籍の挨拶

 

 

DSC_1605.JPG

セレモニー後、チームメイトと記念撮影

 

 

DSC_1585.JPG

サポーターにも挨拶

 

 

 

レディースは8日の「ベレーザ」戦に参戦。この試合を最後に猶本光がドイツへ旅立つ。何としても勝利して送り出したいが相手はこれまで勝てていない「日テレ・ベレーザ」でカップ戦の決勝進出を決めベスト布陣を敷いてきた。

立ち上がりはベレーザに支配されるが我慢強い守備とボールを奪取するためのプレスやタックルを果敢に仕掛ける。次第に浦和にも流れが来て猶本のCKから長船が先制点を挙げると猶本が親愛する安藤のアシストで高橋が追加点を挙げてホーム駒場でベレーザを撃破して猶本を気持ち良く送り出すことが出来た。

 

試合後にはセレモニーも行われサポーターも送り出すことが出来ました。ありがとう猶本。

 

 

なでしこは代表活動のため9月まで休戦となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップチームの参戦は叶いませんでした。

 

 

7月11日(水)、松本平広域公園総合球技場にて行われました『天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦 vs松本山雅FC』の試合結果をお知らせいたします。

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦
2018年7月11日(水) 19:03キックオフ・松本平広域公園総合球技場
浦和レッズ 2-1(前半1-1) 松本山雅FC
得点者 10分 永井 龍(松本山雅)、42分 マウリシオ、85分 マウリシオ
観客者数 12,077人

 

 

w杯はサッカー王国と言われる国がことごとく敗退する波乱でフランスが王者に返り咲いた。今回のW杯は90分通して観戦した試合が1つも無く個人的には盛り上がりに欠けました。賛否両論ある日本の戦いも受け入れたが、やはり10人相手の試合に1つ勝っただけという事実は受け止めなければならない。

 

一方、中断明けの浦和レッズは天皇杯から再開。松本山雅に辛勝して駒を進めました。次戦は8月22日、19時に熊谷で久々の「ヴェルディ」と対戦する。

 

 

 

 

8日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第16節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第16節
2018年7月18日(水) 19:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半1-1) 名古屋グランパス
得点者 40分 遠藤 航、45+1分 ガブリエル シャビエル(名古屋)、70分 槙野智章、78分 遠藤 航
入場者数 21,250人

 

リーグ戦の再開は「名古屋」。低迷するチームに3−1で勝利。代表メンバーのゴールで盛り上げました。

 

 

 

 

 

 

22日(日)、ヤンマースタジアム長居にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第17節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第17節
2018年7月22日(日) 19:03キックオフ・ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 1-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 8分 高木俊幸(C大阪)、78分 興梠慎三
入場者数 27,915人

 

元チームメイトに先制を許して慎三さんが追いつくもそこまでドローで終える

 

 

 

 

28日(土)、エディオンスタジアム広島にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第18節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第18節
2018年7月28日(土) 19:03キックオフ・エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 1-4(前半1-1) 浦和レッズ
得点者 25分 興梠慎三、38分 千葉和彦(広島)、71分 興梠慎三、76分 宇賀神友弥、90+5分 ファブリシオ
入場者数 16,944人

 

台風が接近するなかで、豪雨被害のあった広島でのアウェーゲーム。首位をチンチンにしてやりました。

 

 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.