HOME STADIUM

Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


画像容量枯渇のため2017年10月1日より容量無制限となる「有料プラン」に変更いたしました。今後とも充実したブログを目指していきますのでよろしくお願い致します。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
なでしこホーム開幕!初勝利!

4月2日(日)に浦和駒場スタジアムにて行われました『2017プレナスなでしこリーグ1部 第2節 vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース』の試合結果をお知らせします。

2017年4月2日(日) 14:00キックオフ 浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 3-2(前半2-0) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
得点者:16分 筏井りさ、41分 菅澤優衣香、48分 小林菜々子(ジェフL)、53分 深澤里沙(ジェフL)、72分 菅澤優衣香

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 三谷、長船、高畑、木崎
MF 柴田、筏井(→63分 水谷)、猶本、加藤(→73分 白木)
FW 塩越、菅澤(→90+2分 吉良)
SUB 平尾、南、遠藤、長野

観衆:2,064人

 

 

DSC_0429.JPG

 

 

まだ今季のJ1リーグにも参戦出来ずにいますが、本日なでしこリーグの浦和レッズレディースのホーム開幕戦に参戦してきました。レディースの試合参戦は8か月ぶり。参戦勝利は10か月ぶりでした。

 

試合は千葉から移籍してきた菅澤の活躍が目に付きました。序盤はお互いの出方を見ていたようでしたが浦和がポゼッションを取り始めるもミスの多発で主導権は千葉に移る。しかし攻めあがった浦和をゴール前で倒してFKを獲得すると猶本と筏井が並んでキッカーに。猶本がスルーすると筏井が蹴り込みバーに当たるがゴールイン。浦和が先制を取る。すぐさま菅澤が2点目を決めてスタジアムは盛り上がります。

後半は一変。10分になるまでに2点を取られ同点にされると千葉の勢いが増します。それでも今季の浦和はDFラインに不安があるものの中盤の構成力や前線の破壊力は格段に向上しており、これが熟成するとトップチームとは別な攻撃的チームが完成すると期待出来ます。何より私が思うなでしこ最強のFW菅澤の加入が大きい。

その菅澤。相手のバックパスを奪い決勝点を決めるという活躍で浦和の今季初勝利をプレゼントしてくれた。

 

今季よりコーチに就任した柳田美幸さん。元選手で浦和の主将も務めてくれた偉大な方ですがベンチ裏で控え選手のアップを指導している姿を不思議な気持ちで見ていました。

 

なでしこ公式試合記録(PDF)

 

 

 

 

4月1日(土)、ノエビアスタジアム神戸にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第5節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第5節
2017年4月1日(土)16:04キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 1-3(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:61分 柏木陽介、64分 遠藤 航、81分 中坂勇哉(神戸)、90+2分 柏木陽介
入場者数:18,889人

 

こちらも鬼門の神戸で首位のチームに圧勝です。

 

浦和公式試合記録

 

 

 

レッズレディース開幕!

2017プレナスなでしこリーグ1部 第1節の試合結果(アウェイ)をお知らせいたします。

3月26日(日)13:00キックオフ・長野Uスタジアム
AC長野パルセイロ・レディース 1-0(前半0-0) 浦和レッズレディース
得点:86分 横山久美(長野)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 栗島、長船、高畑、木崎
MF 柴田、筏井、猶本(→77分 水谷)、加藤
FW 塩越(→70分 白木)、吉良(→57分 菅澤)
SUB 平尾、南、三谷、長野

観衆:3,064人

 

 

 

いよいよレディースもはじまりました。昨年の悔しさを晴らす為に新監督を迎え、新しい仲間も入り優勝目指して戦いましょう。

 

しかし、開幕戦は少し苦手意識のある長野に終盤までスコアレスで来ていたが、警戒していた横山に決められ惜しくも敗れてしまいました。

 

 

でも下を向いている暇はありません。向上心を持って試合ごとに良くなるよう戦っていきましょう!

 

 

なでしこ公式試合記録(PDF)

 

 

 

レッズレディースも2017始動!

18日、浦和レッズレディースがさいたま市内の練習場で、2017シーズン最初のトレーニングを行い、新シーズンをスタートさせました。石原孝尚監督のもと、選手たちは3人1組でのパス&コントロールやボール回しなどのメニューで身体を動かし、およそ1時間30分の間、ときおり笑顔も見せながら、しっかりと体を動かしました。


【石原孝尚監督】
(始動初日のトレーニングを終えた感想について)
「選手たちも集中してトレーニングに取り組んでくれたのでよかったです。選手たちには、今週と来週は、ゆっくりと身体を起こしていくということを伝えています。トレーニングでは、やることが分かっていたら、あとは選手たちが自分でやってくれますし、僕が出ないのが一番いいと思っています」

(最後はみんなでハイタッチをして練習を終えたが?)
「黙って終わるよりも、『お疲れ』という意味合いでやったのですが、思ったよりも盛り上がってしまいました(笑)。もう少しさりげなく、みんなが一声かけながらやれたらと思っています」

(昨シーズンはコーチとしてチームを見ていたが、監督になって変わった点については?)
「僕がと言うよりも、新しいシーズンになれば、選手たちもやってやろうという気持ちになると思います。当然、監督が変わったので、試合に出る選手も変わってくるということで、みんなもチャンスがあるというのは感じてくれているのかなと思います。僕ももう一度ゼロベースで選手たちを見てあげられたらと思っています。本当に調子がいいとか、成長した選手を起用する形になればと思っていますし、そこは神経を使ってやっていきたいです」

(今シーズンの意気込みについて)
「みんなで優勝を目指していく中で、ただ勝利だけではなくて、成長という部分もあるので、成長しながら進んでいくところはこだわってやりたいです。勝てばいいというのではなく、サッカーの内容にもこだわっていきたいです。その先に勝利や優勝があったらいいなと思います」


【猶本 光】
(始動初日のトレーニングを終えた感想について)
「新しく入ってきた選手や、ユースから昇格してきた選手が加わって、新しい雰囲気で始まった感じがしました。とてもいい雰囲気で練習ができましたし、この雰囲気を維持していきたいです。上手な選手も多いですし、楽しくも厳しくトレーニングに取り組んでいきたいです」

(今シーズンの意気込みについて)
「もちろん優勝を狙っていますし、今からしっかりと準備していきたいです。この時期はみんながしっかりコンディションを上げて、90分戦える身体を作ることが大事になります。ゲームが入ってきたら、監督のサッカーを理解して、周りとコミュニケーションを取って、しっかりとチームを作っていきたいです」

(チームを引っ張って行く立場になってきた?)
「あっという間でしたが、レッズに来て6年目になります。去年は本当に不甲斐ない成績でしたし、自分自身もケガをしてしまったので、今年はベストなコンディションで、チームの中心としてやっていけるように、優勝を目指してやっていきたいです」


【北川ひかる】
(始動初日のトレーニングを終えた感想について)
「やっぱりサッカーは楽しいなと思いました。自分は代表もあるので、コンディションも自主的に調整していましたし、その面ではみんなよりも動けたと思います。アジリティーのメニューをしつつも、体力面を上げていくためにスプリントをしたり、長距離で走ったりしてました」

(昨シーズンを振り返って)
「結果が出なかったので苦しいシーズンでした。個人的にも最後でケガをしたり、走りきれなかったたりした課題が残ったシーズンでした。今年は走るという部分でも強さを見せていきたいです」

(今季のリーグ戦での目標について)
「去年はアシストとゴールの両方で数字が上がってきたので、今年は7アシスト、5ゴールを決めたいと決めています。去年の数字よりも今年はそれを超えるという意味でその数字にしました」

(代表候補合宿に向けて)
「選ばれないと思っていたのですが、準備はしていました。チャンスをもらえましたので、そのチャンスを生かして自分のパフォーマンスを出していかなければいけないと思っています。代表のレベルでどこまで戦えるかを監督は見たいと思っていると思うので、自分にできることは最大限にやりたいと思います」

 

 

 

 

 

 

 

レッズレディースの2017シーズンの選手背番号とコーチングスタッフ体制が、下記の通り決まりましたので、お知らせいたします。

<背番号・ポジション・氏名・NAME>
1 GK 池田 咲紀子 IKEDA Sakiko
2 DF 長船 加奈 OSAFUNE Kana
3 DF 高畑 志帆 KOHATA Shiho
4 MF 北川 ひかる KITAGAWA Hikaru
5 MF 栗島 朱里 KURISHIMA Akari
6 DF 乗松 瑠華 NORIMATSU Ruka
7 MF 筏井 りさ IKADAI Risa
8 MF 猶本 光 NAOMOTO Hikaru
9 FW 菅澤 優衣香 SUGASAWA Yuika
10 FW 吉良 知夏 KIRA Chinatsu
11 FW 清家 貴子 SEIKE Kiko
12 MF 山守 杏奈 YAMAMORI Anna
13 FW 白木 星 SHIRAKI Akari
14 MF 三谷 沙也加 MITANI Sayaka
15 MF 長野 風花 NAGANO Fuka
16 GK 平尾 知佳 HIRAO Chika
17 MF 遠藤 優 ENDO Yu
18 MF 柴田 華絵 SHIBATA Hanae
19 MF 塩越 柚歩 SHIOKOSHI Yuzuho
20 MF 加藤 千佳 KATO Chika
21 GK 松本 真未子 MATSUMOTO Mamiko
22 DF 長嶋 洸 NAGASHIMA Hikari
23 MF 木崎 あおい KIZAKI Aoi
24 DF 南 萌華 MINAMI Moeka
25 DF 長嶋 玲奈 NAGASHIMA Reina
26 FW 大熊 良奈 OKUMA Rana

【2017シーズン コーチングスタッフ体制】
監督 石原 孝尚 ISHIHARA Takayoshi
コーチ 正木 裕史 MASAKI Hirofumi
コーチ 柳田 美幸 YANAGITA Miyuki
GKコーチ 長井 敦史 NAGAI Atsushi
トレーナー 金床 菜美 KANATOKO Nami

 

 

 

 

DSC_0386.JPG

 

 

 

 

こちらも本領発揮と行きましょうか。アベック優勝したいですね!

 

浦女、皇后杯敗退

12月17日(土)にPikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)にて行われました『第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会』準々決勝の試合結果をお知らせいたします。

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝
2016年12月17日(土)14:00キックオフ・Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)
浦和レッズレディース 0-1(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-1) INAC神戸レオネッサ
得点:120+3分 道上彩花(I神戸)

この試合の結果、浦和レッズレディースの第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会での成績はベスト8となりました。

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 栗島、長船、高畑、北川(→118分 臼井)
MF 柴田、猶本、筏井(→延前前 塩越)、加藤
FW 後藤(→64分 遠藤)、白木
SUB 松本、長野

観衆:1,180人

 

DSC_0377.JPG

 

 

皇后杯に残っていたレッズレディース。参戦はしていませんが17日に準々決勝を戦いINAC神戸レオネッサを相手に延長後半まで0−0で進みロスタイムに決められ敗れた。非常に悔しい負け方でしたが全力を尽くした事は伝わりました。浦女も9月から参戦してなくで心苦しいですが来期もトップともども期待していますので共に戦いましょう。今シーズンを終えて選手、監督、スタッフ、そしてサポーターの皆さまお疲れ様でした。

 

今年は気付かずレディースカレンダーの申し込みが遅れて、ようやく申し込みました。またレッズフェスタが1月15日(日)に駒場スタジアムで行われます。

 

 

 

第38回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

大会/節 月日 (曜) キックオフ 対戦チーム スタジアム/TV放送 結果
2回戦 10/30(日) 14:00 益城ルネサンス熊本FC 佐久総合運動公園陸上競技場 ○6-0
3回戦 11/3(木・祝) 14:00 伊賀フットボールクラブくノ一 藤枝総合運動公園サッカー場 ○2-0
準々決勝 12/17(土) 14:00 INAC神戸レオネッサ Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場) ●0-1
浦女、リーグ戦を終える

23日(日)に浦和駒場スタジアムにて行われました『2016プレナスなでしこリーグ1部 第18節 vs日テレ・ベレーザ』の試合結果をお知らせします。

2016年10月23日(日) 13時キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-2(前半0-0) 日テレ・ベレーザ
得点者:86分 阪口夢穂(日テレ)、90+2分 隅田 凜(日テレ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 栗島(→64分 臼井)、乗松、長船、塩越
MF 柴田、筏井、猶本、加藤(→89分 遠藤)
FW 後藤(→72分 エミリー)、白木
SUB 平尾、高畑、木崎、三谷

観衆:2,052人

 

DSC_0337.JPG

▲終盤の助っ人に来た豪州代表のエミリー選手

 

 

ホーム最終戦ではありましたが所用で参戦出来ずテレビ観戦でした。前節で残留を決めていたので降格を免れたが最終戦の相手は女王の日テレ・ベレーザ。試合は良く相手にプレスを掛けて自由にさせず頑張っていましたが、日テレもロングボールで背後を狙って弱点を突いてくる。0−0で迎えた終盤に連続ゴールを決められて負けてしまうが通用する部分としない部分が明確になったのは収穫。来期もL1でプレー出来る喜びと覚悟をもって皇后杯に挑んで欲しい。

 

 

2016プレナスなでしこリーグ1部順位表
(第18節)
         
順位 チーム名 勝点 試合 得失
1 日テレ 44 18 14 2 2 40
2 I神戸 37 18 12 1 5 21
3 AC長野 37 18 12 1 5 4
4 ベガルタ 31 18 10 1 7 9
5 新潟L 30 18 9 3 6 2
6 伊賀FC 21 18 6 3 9 -4
7 ジェフL 20 18 5 5 8 -5
8 浦和 19 18 6 1 11 -6
9 コノミヤ 11 18 3 2 13
10 湯郷ベル 10 18 3 1 14 -28

 

 

 

 

 

リーグ第15節 10/2(日) 13:00 ベガルタ仙台レディース 浦和駒場スタジアム ●1-2
リーグ第16節 10/9(日) 13:00 伊賀フットボールクラブくノ一 上野運動公園競技場 ○2-0
リーグ第17節 10/15(土) 14:00 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース フクダ電子アリーナ ○1-0
リーグ第18節 10/23(日) 13:00 日テレ・ベレーザ 浦和駒場スタジアム/スポナビライブ(生) FOXスポーツ&エンターテイメント(生) ●0-2

 

 

駒場で完敗
4月3日(日)、浦和駒場スタジアムにて行われました『プレナスなでしこリーグ1部・第2節 vsアルビレックス新潟レディース』の試合結果をお知らせいたします。

2016年4月3日(日)13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0‐2(前半0‐0) アルビレックス新潟レディース
得点:64分 大石沙弥香(新潟L)、82分 オウンゴール(新潟L)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、北川
MF 柴田、栗島(→67分 長野)、猶本、筏井(→58分 塩越)
FW 吉良、後藤(→72分 白木)
SUB 平尾、長嶋、遠藤、加藤

観衆:2,189人

DSC_0152.JPG
▲ホーム開幕を前にアップ中の選手たち

DSC_0153.JPG
▲いよいよキックオフ


レディース、ホーム駒場の開幕戦に参戦。前節のベレーザ戦が引き分けでしたが非常にアグレッシブで素晴らしい内容でしたのでホームの開幕戦を楽しみにしていました。しかし結果は2−0の完敗。後藤や乗松、長船ら年長組の選手は非常に良くプレーしていましたが若手が遠慮なのか緊張なのか動きが悪くやろうとしているチームプレーに誤差が生じてチグハグな展開になっていたように感じました。結果は残念でしたが先輩選手はしっかりとコミュニケーションを取り若手選手は経験値として身としてほしい。
まだまだ途上のチーム。それは伸び代があるという事。今年も1年、一緒に戦っていきましょう!

なでしこ公式試合記録(PDF)
 
開幕は日テレに引き分け
なでしこジャパンがリオ五輪出場を逃し、盛り下がる「なでしこ」ではいけない。そのためにも「なでしこリーグ」を盛り上げ女子サッカーのより一層の高みを目指すため開幕した「なでしこリーグ」に参戦してきました。

27日(日)、味の素フィールド西が丘にて行われました『プレナスなでしこリーグ1部・第1節 vs日テレ・ベレーザ』の試合結果(アウェイ)をお知らせいたします。

2016年3月27日(日)13:04キックオフ・味の素フィールド西が丘
日テレ・ベレーザ 1‐1 (前半0‐1) 浦和レッズレディース
得点:7分 後藤三知、74分 隅田 凜(日テレ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、北川
MF 柴田、栗島(→76分 長野)、猶本、筏井(→68分 白木)
FW 吉良、後藤(→84分 塩越)
SUB 平尾、長嶋、遠藤、加藤

観衆:2,068人

DSC_0147.JPG
▲なでしこ開幕戦 ゴール裏でサポート

レッズレディースの開幕戦はアウェー西が丘での「ベレーザ」戦。新戦力も出場し新生レッズレディースはとても楽しみであります。試合は浦和のリズムで前半を進め、ファーストシュートがネットを揺らし先制しました。サイドから細かいパスを繋ぐと大胆にサイドチェンジ、それを後藤が押し込んだ。相手はベレーザ、押し込まれる場面も多く粘り強い守備で危機を逃れる。まだ1試合目なのに今季最高の出来と思わせるほど素晴らしいゲーム運びと攻守の切り替えでした。しかし後半は消極的になりプレスが甘くなり同点に追いつかれてしまう。勝ち越しを狙い何度もトライする浦女、負けてはいけないと集中して守る浦女。終盤は激しい攻防で両チームのサポーターも盛り上がり試合終了。引き分けたが今のチーム状態を図る意味でも、今後の課題を見つける意味でも大きな試合でした。

なでしこ公式試合記録(PDF)
 
浦女、準備着々
2016年、浦和レッズレディース。試合日程も発表され開幕に向け準備着々と言ったところか。これまでに出たトピックスを羅列しましょう。


■浦和レッズレディースオフィシャルHPより

15.12.23 レディース 吉田靖監督 契約更新のお知らせ

15.12.27 浦和レッズレディース 鈴木里奈 移籍のお知らせ

15.12.27 浦和レッズレディース 竹内 希 移籍のお知らせ

15.12.28 浦和レッズレディース 岸川奈津希 退団のお知らせ

15.12.30 浦和レッズレディースユース所属の4選手 昇格内定のお知らせ

15.12.30 JFAアカデミー福島 北川ひかる選手 来シーズン新加入内定のお知らせ

16.01.08 浦和レッズレディース 田尻 有美 移籍のお知らせ

16.01.08 浦和レッズレディース 和田 奈央子 移籍のお知らせ

16.01.08 日本体育大学 長嶋 洸選手 加入内定のお知らせ

16.01.10 浦和レッズレディース 大戸遥可 退団のお知らせ

16.01.10 浦和レッズレディース 石井咲希 退団のお知らせ

16.01.14 筏井りさ選手 完全移籍加入のお知らせ

16.01.14 岸川奈津希選手 所属クラブ決定のお知らせ
 

16.01.16 石原孝尚氏 浦和レッズレディースコーチ就任のお知らせ

16.01.16 浦和レッズレディース 藤田のぞみ 現役引退のお知らせ

16.01.16 2016シーズン レッズレディース選手背番号とスタッフ体制について
【背番号・ポジション・登録名・氏名】
1 GK 池田 咲紀子 IKEDA Sakiko
2 DF 長船 加奈 OSAFUNE Kana
3 DF 高畑 志帆 KOHATA Shiho
4 DF 臼井 理恵 USUI Rie
5 MF 栗島 朱里 KURISHIMA Akari
6 DF 乗松 瑠華 NORIMATSU Ruka
7 MF 筏井 りさ IKADAI Risa
8 MF 猶本 光 NAOMOTO Hikaru
9 FW 清家 貴子 SEIKE Kiko
10 FW 吉良 知夏 KIRA Chinatsu
11 FW 後藤 三知 GOTO Michi
12 DF 千葉 望愛 CHIBA Minori
13 FW 白木 星 SHIRAKI Akari
14 MF 三谷 沙也加 MITANI Sayaka
15 MF 北川 ひかる KITAGAWA Hikaru
16 GK 平尾 知佳 HIRAO Chika
17 MF 遠藤 優 ENDO Yu
18 MF 柴田 華絵 SHIBATA Hanae
19 MF 塩越 柚歩 SHIOKOSHI Yuzuho
20 MF 加藤 千佳 KATO Chika
21 GK 松本 真未子 MATSUMOTO Mamiko
22 DF 長嶋 洸 NAGASHIMA Hikari
23 MF 木崎 あおい KIZAKI Aoi


16.01.20 レッズレディース、2016シーズン始動

16.01.29 第5回なでしこ交流戦について

16.02.05 石井咲希選手 所属クラブ決定のお知らせ

16.02.05 2016プレナスなでしこリーグ1部・カップ1部の日程について

【2016プレナスなでしこリーグ1部 日程】
第1節 3月27日(日) 日テレ 13:00 味の素フィールド西が丘
第2節 4月3日(日) 新潟L 13:00 浦和駒場スタジアム
第3節 4月9日(土) AC長野 13:00 南長野運動公園総合球技場
第4節 4月17日(日) コノミヤ 13:00 浦和駒場スタジアム
第5節 4月24日(日) 湯郷ベル 13:00 岡山県美作ラグビー・サッカー場
第6節 4月30日(土) I神戸 13:00 浦和駒場スタジアム
第7節 5月3日 (火・祝) ベガルタ 13:00 ユアテックスタジアム仙台
第8節 5月7日(土) 伊賀FC 13:00 浦和駒場スタジアム
第9節 5月15日(日) ジェフL 17:00 浦和駒場スタジアム
第10節 5月22日(日) 新潟L 13:00 新発田市五十公野公園陸上競技場
第11節 5月28日(土) AC長野 13:00 浦和駒場スタジアム
第12節 9月11日(日) コノミヤ 15:00 高槻市立萩谷総合公園サッカー場
第13節 9月18日(日)or19日(月・祝) 湯郷ベル 13:00 浦和駒場スタジアム
第14節 9月24日(土)or25日(日) I神戸 未定 未定
第15節 10月1日(土)or2日(日) ベガルタ 未定 浦和駒場スタジアム
第16節 10月9日(日) 伊賀FC 13:00 上野運動公園競技場
第17節 10月15日(土) ジェフL 14:00 フクダ電子アリーナ
第18節 10月23日(日) 日テレ 13:00 浦和駒場スタジアム

【2016プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ 日程】
第2節 6月12日(日) 湯郷ベル 13:00 浦和駒場スタジアム
第3節 6月19日(日) 新潟L 13:00 浦和駒場スタジアム
第4節 6月26日(日) ベガルタ 13:00 ユアテックスタジアム仙台
第5節 7月3日(日) AC長野 17:00 南長野運動公園総合球技場
第7節 7月16日(土) 湯郷ベル 15:00 岡山県美作ラグビー・サッカー場
第8節 7月24日(日) 新潟L 17:00 新発田市五十公野公園陸上競技場
第9節 7月31日(日) ベガルタ 17:00 浦和駒場スタジアム
第10節 8月7日(日) AC長野 17:00 鴻巣市立陸上競技場

 


 


まずやっさん(吉田監督)の続投は大歓迎。一見、温厚そうだがサッカーにはとても厳しく指導の哲学もお持ちですので1度優勝しましたが勢い的な事もあったので納得はしていないでしょう。しっかりと裏付けのあるサッカーで優勝したいと思っているはずです。
そして岸川選手、和田選手の退団は残念です。お局様が居なくなってここ数年で大きく成長した2人です。岸川のボランチは美幸さんを彷彿させますし和田ちゃんのサイド攻撃はワクワク感たっぷりで試合観戦の楽しみのひとつでした。
藤田のぞみ選手。体調不良で残念ながら引退の決断です。なぜ試合に出ないのと思ったりもしましたがオーバートレーニング、しかもかなりの重度とお見受けしました。素晴らしい才能の持ち主でヤングなでしこでも主将を務め活躍しました。一時期、戦列に復帰したかに見えたが状態が芳しくなかったようです。柴田、猶本との夢のトライアングルを楽しみにしていましたが、これからもサッカーに関わりながら進んで行ってもらいたいと思います。

新背番号、貴子が9番付けましたね。これで吉良さんんも黙ってはいられません。2人で得点王争いお願いします!

今年の試合日程、代表関連なのかリーグは1シーズン制でレギュラーとエキサイティングに分けられないようです。久しぶりに「なでしこカップ」が復活。また真夏の夜、オールスターとのダブルヘッダーで決勝を楽しめるのかな。

さあ、今年も楽しみです。


 
浦女、杜の都に散る
19日(土)にユアテックスタジアム仙台で行われました『第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会』準々決勝の試合結果をお知らせいたします。

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝
2015年12月19日(土)14:04キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台レディース 0-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0、PK5-3) 浦和レッズレディース

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、臼井
MF 柴田、猶本、岸川(→91分 栗島)、長野
FW 吉良、後藤
SUB 田尻、石井、和田、白木

観衆:2,053人

仕事の関係で多忙が続き、土曜日も休日出勤や残業がありこの日も参戦を諦めていた。すると休日が決まり、さあ杜の都へ。とはいかず疲労が溜まっていたので自宅休養に充て試合はテレビ観戦。

試合は浦和の良いところが出まくりで守備が特に素晴らしく相手の得意とするカウンターを完全にブロック。攻撃も右サイドを起点に何度も相手を脅かした。危ない場面も当然あったがGK池田を中心に体を張って守り巧みなパスワークで効率よくボールを動かした。

両チームとも集中力を切らさず見ごたえある90分が経過してもスコアは0−0。延長戦でも膠着状態。後半にネットが揺らされたがオフサイドで助かる。浦和のコーナーの判定で蹴らずに延長戦は終了。PK戦に突入となった。

PK戦は運と言うように仙台は全員が決め、浦和は猶本が止められて5−3で敗れた。内容では浦和が勝っていたがサッカーはゴールの数を競う競技なので点を決めないとこうなる。しかし浦和の魂を見せてくれたレッズレディースは素晴らしいチーム。良いゲームを見せてくれて感謝したい。

今シーズンの浦和レッズレディースの選手の皆さん、監督とスタッフの方、そしてサポーターの皆さんお疲れ様でした。今年の浦和は男女とも素晴らしいサッカーをしても結果がついてこない状況、J1ではルールとは言え勝ち点無視の順位決定に憤りを感じておりサッカーの話題すら避けていました。レディースの試合を見て元気を貰いました。


なでしこ公式試合記録(PDF)

 
皇后杯2回戦
15日(日)に長野県南長野運動公園総合球技場で行われました『第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会』2回戦の試合結果をお知らせいたします。

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 2回戦
2015年11月15日(日)11:00キックオフ・南長野運動公園総合球技場
浦和レッズレディース 5-0(前半4-0) 横浜FCシーガルズ
得点者:12分 長船加奈、16分 吉良知夏、25分 猶本 光、35分 岸川奈津希、88分 白木 星

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松(→HT 石井)、長船、高畑、臼井(→77分 和田)
MF 柴田、猶本、岸川、加藤
FW 吉良(→72分 白木)、後藤
SUB 平尾、栗島

観衆:749人

【次戦情報】
3回戦
11月22日(日)11:00キックオフ・藤枝総合運動公園サッカー場
vs AC長野パルセイロ・レディース




海の向こうでは大変な事件が起きて心配しています。
昨日、J2の試合がありまして大宮が3−2で勝ちましてJ2優勝とJ1昇格を決めました。ちょうどテレビ観戦しており不覚にも感動してしまいました。加えて浦和はJ1で優勝しなくてはならないと強く思います。そして今日はさいたま市で国際マラソンが初めて開催され自分の生活圏で行われた事で大変親近感を覚えます。まあ、テレビ観戦と途中は居眠りしていましたが・・・。

さてレディースです。今季の意地を見せる為、2年連続決勝進出を目指しています。格下ながら5−0と圧勝し駒を進めています。今節も次戦も参戦予定はありませんが頑張って頂きたいと思います。

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会

月日 (曜) キックオフ 対戦チーム スタジアム/TV放送 結果
2回戦 11/15(日) 11:00 横浜FCシーガルズ 南長野運動公園総合球技場 ○5-0
3回戦 11/22(日) 11:00 AC長野パルセイロ・レディース 藤枝総合運動公園サッカー場

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.