HOME STADIUM

Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。
桜咲く雨の武蔵野線

4月9日、今年の桜の開花はやや遅めでした。満開となるこの時期は雨も多く気持ちの良い花見、撮影は出来なかった。

そんな折、武蔵野線のシャトル便にEF652139が充当されているとの情報(実は前日から運用を知っていて確認しただけ)。

 

2139号機にはJR貨物30周年記念マークを取り付けていてそれを撮りたかった。雨の朝でしたが見沼田んぼへ。

 

 

▲205系武蔵野線

 

▲73レ

 

ヘッドマーク狙いでしたのでこちらから。撮影後は田んぼにて桜とコラボ撮影して帰宅しました。

 

 

▲満点桜と武蔵野線

 

▲枝桜と武蔵野線

 

やはり生憎の雨で露出が厳しく桜の色が出ません。とても綺麗な桜でしたが悪天候に退散です。

 

| Yoshihi | 鉄道 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/8 「レトロ日光」を追う?

4月8日、この日は友人から583系のさよなら運転撮影に誘われていた。自分もこの情報を聞いた時には「行く」つもりでいた。だがしかし仕事が忙しく日程が見えない事から友人とは約束出来ずにいて、ギリギリまで調整したが費用や時間の問題もあって遠征は断念していた。その代り休みになればDD51とEF64がPPで運転する「レトロ日光」を撮りに行こうと考えていました。誘ってくれたその友人も仕事の関係で遠征を断念してしまったようです。

 

それでも前日夜に4月8日の休日を確保。こんな急な話になるので人と約束して出掛けることは今は厳しく友人たちにも申し訳ないと思っている。

 

8日朝、予定では高崎線で同日に運転される別の客車列車と「レトロ日光」の送り込み回送を撮ってから東北線や日光線に転戦するつもりでした。しかし連日の疲労からか起きたら8時20分!!!!

「レトロ日光」が浦和駅を出発する時間でビックリして飛び起きた。起きたところでどうするか呆然としていましたが準備をしながら「とりあえず日光線まで行こう」とクルマを出して東北道を北上、日光道路から今市の撮影地に着いたのは「レトロ日光」の通過5分後でした。

 

大勢の撮影者が戻る回送を撮るポイントに民族大移動中で、自分も慌ててスタンバイします。今回の旧客は回送を兼ねて翌週に運転される「レトロ花めぐり」号に使われるため仙台まで回送されます。回送を待つ間、あることに気付く。DD51の旧客に魅力を感じていたが、折り返してくる回送は「64前じゃん」

移動する時間も無く、混雑する直前に強行移動しても周りの方の迷惑になってしまうので64前で撮る。

 

▲回9826レ

 

ではDD51はどこで撮るか?

行き慣れた蒲須坂にしようと即出発。移動中、蒲須坂で後追いすると下り線が低いし離れているとして矢板の定番に向かった。矢板は過去に「事件」もあり、被害を受けたことは無いが「その人物に注意」された事があったので敬遠していた場所である。

 

▲205系東北線

 

▲EF64牽引で北を目指す回9141レ

 

▲後ろにDD51を付けた回9141レ

 

 

矢板を離れ黒川鉄橋へ。

 

 

 

 

▲ED75の牽く回9141レ

 

何かでこちら側からのサイド撮影をしてみたいと思っていましたので迷わずここへ。列車は白河でしばらく止まるようでしたがその先は普通の写真しか撮れないし日没や帰宅時間などを勘定してここで追っ掛け終了。帰りがてら東武でも撮ろうかと思っていたが睡魔に襲われSAで仮眠してしまい、そのまま帰宅しました。

 

結局、回送しか撮ってないのでタイトルに「?」を入れてあります。(文字化けしているわけではありません)

 

 

 

| Yoshihi | 鉄道 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
C11207撮影会

3月26日、東武鉄道南栗橋車両管区で「C11207]をメインとする撮影会が行われた。毎年恒例の「ファンフェスタ」と規模は縮小されたが雨ではあったが大いに賑わった。

 

C11207のほか引退する300型を始め、デビューする「リバティ」こと500系や70000系の公開もあり出掛けて来ました。

 

JR栗橋経由で現地入り。南栗橋駅からはシャトルバスに乗車。入場後、C11は遠方からフリーの撮影会のようで先に電車の撮影会へ。12:05からの会に並び1時間ほど待機します。雨ではあったが傘が必要ない程度でしたので良かった。午後からは本降りという予報でしたので早めに参加したかった。ちなみに雨でも傘の使用は禁止との事でした。

 

 

 

▲8111F・20000系・70000系・300系

 

▲20000系・70000系・300系・200系

 

▲8111Fセイジークリーム

 

▲500系「リバティー」

 

 

▲300系・200系・100系・500系

 

 

▲500系「リバティー」

 

 

▲改修待ちの10000系

 

▲14系客車

 

▲14系客車

 

こちらの元四国の14系座席車であるが国鉄色に整備されている。スハフだけは白帯がありませんでしたが今後付け加えるのかは不明。「SL大樹」に使用される本務客車はどうやらこちらのようです。12系や元北海道車の14系は予備車、部品確保用と思われます。

 

 

 

▲10000系修繕中

 

こちらの車両は先頭車の中間車化工事中で運転台やライト類の撤去が行われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲SL「大樹」試乗会

 

 

 

 

 

 

 

SLの試乗会は事前応募制でした。基地内には駅を模したホームが2か所あり乗務員訓練に使用されています。その駅間を往復するというコースで客車は元「はまなす」の14系2両でドリームカーも連結された。

 

 

 

▲試乗列車全景

 

▲区の中にある本線を模した訓練線

 

 

 

最後にアクセスに使用された東武バスの方向幕をご覧いただきましょう。(LEDが切れてますが・・・)

 

DSC_0424.JPG

▲「東武SL公開撮影会」

 

 

DSC_0426.JPG

▲「C11207」プレート付東武SL公開撮影会

 

 

 

ファンフェスタ以外ではここまで大掛かりなイベントはありませんが、これはSLの運転が開始されると本拠地を下今市に移るので南栗橋では大きな検査時しか戻らなくなる。情報によると4月24日には下今市へ、25日以降にはDLによる夜間試験を行い5月中旬からSLによる試運転が開始されるようだ。

 

南栗橋でのお披露目は付近住民の皆さまの協力に感謝すると共にファンの皆様に早くお見せしたいという東武さんの計らいでしょう。

| Yoshihi | 鉄道 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
3/25 東武アーバンパークラインで「スカイツリートレイン」を追う

やけに長いタイトルになってしまったが、野田線で634型を撮ったというお話。

 

東武の4/21の改正で「スカイツリートレイン」が運転を終了する。貸し切りでの運転は継続されるようだが定期的に走る姿は見納めとなる。そう言う事で野田線の「ヒガハス」こと大宮公園の畑で撮影するとこにした。

 

▲野田線用の新型車60000系

 

▲古豪8000系

 

▲「スカイツリートレイン」送り込み回送

 

撮影方向を変えて移動。

 

▲8000系

 

▲お馴染みのお立ち台にも撮影者

 

▲青空と「スカイツリートレイン」

 

野田線の「スカイツリートレイン」は土曜日の昼に大宮を出る便があるが15日で運転終了となる。

 

▲色々写り込んでますが10000系

 

ファミマを撮って撤収します。大和田駅近くのコインパーキングにクルマを止めて電車に乗ります。東武スカイツリーラインで6050系を撮るため移動しましたがなかなか良い場所がありません。せんげん台で降りて歩いてみますが大袋駅まで来てしまい駅付近で妥協撮影。

 

▲50000系

 

▲メトロ08系「半蔵門線直通」

 

▲メトロ03系「日比谷線直通」

 

メトロ03系もメトロ13000系の導入で置き換えが始まる。紆余曲折からメトロが20ⅿ車の導入を決めトンネルの一部を削り、標識等の移設を実施し20ⅿの13000系を導入。東武側の70000系を投入。

 

▲東急8500系

 

東急のロングセラー8500系。こんな電車も東武を走ります。この区間、東武車よりも他社の電車の方が多く走っています。

 

 

▲「区間快速」6050系6連

 

お目当ての6050系を撮って撤収。クルマを置いてある大和田駅に戻りクルマでJRの「ヒガハス」へ。久しぶりの「カシオペア」撮影です。

 

▲東武スペーシア

 

東武線では他社のクルマを撮影してJR線で東武を撮るという不思議。

 

▲E233系+E231系

 

▲「カシオペア紀行」

 

 

最後に「カシオペア」で締めて終了となりました。

 

 

 

 

| Yoshihi | 鉄道 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
多摩川の土手で日向ぼっこ

3月18日、武蔵野線で「四季島」を撮影してから中央線で189系の撮影です。臨時の「かいじ」は四季島と時間が被り撮れなかったが、その回送を多摩川の鉄橋で狙ってみました。こちらへの訪問は初めて。

 

▲E257系

 

▲貨物列車

 

▲多摩モノレール

 

▲E233系 

 

▲189系M51編成

 

今年の「Y158」ではこの189系が使用されるようだ。

JR東日本横浜支社は、「横浜セントラルタウンフェスティバル Y158記念列車の旅」を開催。旅行日は、2017年5月27日(土)、28日(日)の各日日帰り。189系車両を使用。運転区間は、27日が石川町(8:34頃発)〜新宿(9:23頃発)〜横須賀(12:13頃着、12:38頃発)〜石川町(13:17頃着)、28日が石川町(8:34頃発)〜根府川(11:12頃着、11:30頃発)〜茅ヶ崎(12:15頃着、12:45頃発)〜石川町(13:17頃着)。27日は高島線、品鶴線、黒砂信号場など、28日は高島線、東海道貨物線、新鶴見信号場などを経由。

 

 

 

 

▲E351系

 

 

四季島の通過した時間帯はそれなりに混雑していたようだが、この時間はまったり。天気も良く土手に座り込んで撮影していました。日頃の疲れが癒されました。

| Yoshihi | 鉄道 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
「四季島」試運転を撮る

3月18日、「四季島」の試運転があるという情報を受け朝からネットで目撃などを探していた。すると尾久から上野に向かう目撃が上がり撮影に出掛けた。

 

 

どこで撮るか。事前の調べで川口は影が出る、蕨はマルタイがいるなど沿線駅撮りで済まそうとし、これまで撮影した事のなかった与野駅で撮る事にした。

 

 

与野駅で待機していると背後から「宴」が登場。そして「四季島」がやって来た。

 

▲四季島

 

 

撮影すると南行の京浜東北線が停車しておりすぐさま乗車。南浦和で武蔵野線に乗り換え新座駅へ。

 

▲武蔵野線

 

 

▲四季島

 

▲四季島

 

 

今回の試運転は信州や会津を周る1泊2日のコース。実際に乗客役のスタッフを乗せ本番さながらのリハーサルを行っている。四季島を運転するのは沿線の運転区が担当すると思うが、車掌は「四季島車掌区」が設立され精鋭の車掌が乗務する。

 

 

5月1日のデビューまで1か月を切りました。先日は日光線でパッキンの不具合によりエンジン熱が過大に検知されエンジンストップとなるトラブルがありましたが初期トラブルを解決し信頼ある豪華列車の旅を提供してほしい。

 

 

 

| Yoshihi | 鉄道 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
車両の置き換え計画

E4系は、JR東日本が開発した車両で、1997年に東北新幹線でデビューしました。2001年には上越新幹線にも投入され、最新鋭の2階建て新幹線として活躍してきました。

16両編成の定員は1634人で、高速列車としては世界最大です。この収容力を活かし、首都圏の新幹線通勤需要に対応してきました。

共同通信によりますと、JR東日本は2018年度以降、E4系の更新を進め、E7系に置き換えていくことを決めたとのこと。最終的なE4系の引退時期はわかりませんが、新幹線の場合、置き換えが開始されると早いので、2020年頃には定期運用から外れる可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

JR北海道が2017年度の事業計画を発表しました。引き続き安全の再生を図るとともに、単独で維持することが困難な線区について、「持続可能な交通体系の構築」に向けた取り組みを推進。あわせて北海道新幹線の開業効果を全道に波及させるなど経営基盤の強化も図るとしています。

在来線の車両については、特急形のキハ261系ディーゼルカーが増備され、老朽化したキハ183系0番台ディーゼルカーがすべて置き換えられます。あわせて、老朽化が進行している普通列車用のキハ40形ディーゼルカーを更新するため、新型ディーゼルカーの量産先行車両が新製されます。また、733系通勤形電車や高速軌道検測車も新たに造られます。

 

 

 

 

東武鉄道の特急用車両300型が4月21日のダイヤ改正に合わせ、運用を終了することが発表された。4月16日に浅草発東武日光行「きりふり275号」として引退記念運転を行い、北千住〜春日部間の車内で記念乗車証の配布も。東武日光駅5番線ホームにて撮影会、同駅改札外にて300型にちなんだグッズなどの販売が行われる。

 

4月16日の引退記念運転では、300型を使用する「きりふり275号」が10時27分に浅草駅を発車。北千住〜春日部間では、事前購入の特急券を持つ利用者全員に乗車証明書が配布される(車内発売の特急券や座席の指定のない特急券を持つ利用者は対象外)。乗車証明書は乗車日の日付や座席番号とともに「さよなら300型 1991〜2017」と記される。

「きりふり275号」が12時31分に東武日光駅に到着した後、13〜14時に撮影会を実施。改札外でのグッズ販売は12時30分頃から14時頃まで行われる。乗車証明書を持ち、記念グッズを購入した利用者に、乗車証明書入れ台紙を1人1枚プレゼントするとのこと。

特急用車両300型(6両編成)・350型(4両編成)は1991年に登場。ともに急行「りょうもう」で使用された1800系を改造した車両で、車体などに1800系だった頃の面影が残る。最高速度は110km/hで、ブレーキ装置に発電ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキを採用。300型は特急列車や団体専用列車をはじめ、浅草発会津高原尾瀬口行の夜行列車「スノーパル23:55」(冬期に運転)・「尾瀬夜行23:55」(6〜10月に運転)でも活躍していた。

 

DSC_0418.JPG

 

 

DSC_0419.JPG

 

| Yoshihi | 鉄道 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の東上線を楽しむ

3月5日、東武東上線で撮影してきました。

 

折しも日本の3大梅林の一つである「越生梅林」で梅まつりが開催中(〜3月20日)で、そこへのアクセス列車として「越生観梅」号が8000系ツートン車81107F4連で池袋〜越生で運転された。「越生観梅」号は数年前までこの時期に運転されていた臨時列車で「復活」の位置づけとなる。とは言え8000系が久々の池袋口に乗り入れたので注目を浴びた列車でぜひ撮影したく東上線朝霞台〜朝霞の黒目川付近で撮影した。

 

この場所は幼少期に過ごした地域で馴染みがあり40年前の記憶のまま出掛けたが当然変わっている。それでもイメージに合わせたアングルを見つけることが出来た。

 

 

▲50000系

 

▲30000系

 

▲8000系

 

まず送り込みは順光側で撮ろうとポジションを取ったが面しか当たらず。ただこの朝霞台。昔は駅もなくこんなマンション群なんて想像もつきませんでした。えらい発展である。線路も築堤で橋はガーダーでした。

 

 

 

▲黒目川

 

対岸に渡ると桜並木があり毎年盛大に「桜まつり」があるそうです。幼少期、姉と散歩していると中州の砂地に砂で作ったトイレの便器などがリアルに作られてたのを見て驚いた記憶があります。恐らくアマチュア美術家がつくったのだろうと思う。

 

▲桜ピンと30000系

 

▲電車ピンの桜

 

▲梅とメトロ車

 

 

「越生観梅」号なので梅と絡めたかったがなかなか難しく菜の花を絡めて春らしさを出します。

 

▲菜の花と50000系

 

▲菜の花と「フライング東上」

 

▲8000系「越生観梅」号

 

東上線小川町以南はATC化され8000系が撤退したと思われがちだが、小川町以北や越生線では8000系が活躍する。ただ所属する森林公園や越生線運用の送り込みで坂戸まで運転されるので残存している8000系にもATCは積まれています。よって今も池袋まで入線出来るという訳です。ただ8111FにはATCは非搭載なので入線不可能。

 

ただこの日はものすごく春らしく撮影出来で癒されました。

 

| Yoshihi | 鉄道 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬のググッと群馬で撮影

2月19日、前日に武蔵野線で撮影した送り込み189系の本運転を撮影しようと早朝から出掛けました。午前5時に出発し所沢ICから関越道に乗る。途中、三芳PAに近づくと暗闇の中でライトに当てられる白煙が上がっている。「アスクル」の三芳倉庫だ。あとで聞いた報道によると当時はスプレーが爆発し付近に避難勧告が出ていたそうな。

 

 

関越道を渋川ICで降りて吾妻線祖母島に向かう。189系は両毛線からやってくるが、その前に吾妻カッターを撮ろうと現地に赴いた。既に10名程度がスタンバイしており最終的には20名くらいになったでしょうか。この吾妻カッターも去就に様々な噂がありましたがこの3月4日改正後も時間が繰り下がりながらも運転している模様。ただ107系代走もあるようです。

 

 

▲朝の光線を浴びる107系

 

▲運用拡大中の211系

 

 

 

 

▲クモヤ145の霜取り電車

 

▲クモヤ145

 

時刻は7時20分過ぎ。もう朝の光線は得られず普通の絵になりました。

ところでこのクモヤ145を見て「荷電」とか書かれているブログを見かけます。このクモヤ145はATCが搭載されATC化された京浜東北線や山手線などへの配給列車牽引用として使用されていたもので「荷物電車」としては使用されていませんでした。

 

さて189系をどこで撮るか。場所は諏訪峡と決めていた。しかし4日に運転された「シーハイル」号の画像を拝見すると線路には影が覆っている。それでも国境を越える事は考えていなかったので撮影方法で何とかしようと諏訪峡に行くことに。クルマを走らすと後閑辺りから積雪があった。12月にスタッドレスに交換してようやくの雪道。峡谷沿いの旧道は白いアイスバーンとなっていた。駐車しようとした林道が除雪されてなくて止められなかったが先客様がクルマを移動して場所を作って頂き止めることが出来ました。ありがとうございました。

 

セッティングもままならない時に上り貨物列車が通過。数本の211系などをやり過ごし189系の登場です。

 

▲EH200の牽く貨物列車

 

▲雪の上越線を行く211系

 

▲「とき」「新雪」「シーハイル」を彷彿させる189系国鉄色

 

 

少々、体調を崩している事もありこれを撮影して撤収。ほかの方は撮影を続けるそうで、このあとE653系も通過したそうな。

 

月夜野の「ベイシア」で休憩して渋川まで下道で移動しそこから関越道に乗る。途中のPAで遅い朝食を頂き帰宅。また三芳付近ではヘリが飛んでおり白煙を上げる「アスクル」倉庫を視認。埼玉県郊外では圏央道の延伸に伴い物流のハブ的な役割が高まり各地で大きな倉庫が建設ラッシュを迎えている。今後、同規模の倉庫や工場の消火方法や防火方法を確立していく必要がありそうである。

 

| Yoshihi | 鉄道 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
189系国鉄色 武蔵野線を行く

2月18日、翌日の団体輸送に充当されるため豊田の国鉄色189系M51編成が武蔵野線、高崎線を経由して高崎まで送り込まれた。それを撮影しようと武蔵野線北朝霞〜西浦和の新河岸川に行って来ました。

 

撮影者は無く直前に数名来られた程度で皆さん高崎線の方に行かれたようです。

 

▲武蔵野線205系

 

189系が来るまで時間があるのでホキ10000を連ねた配給が来るそうなので逆アンで待機してました。

 

 

▲先に75レが通過

 

 

▲配6794レ

 

そして下りアングルで待機する。

 

▲189系M51

 

青空ならば見上げるアングルを想定していたが生憎の曇り空。普通に土手から撮影しました。それでも普段よりは線路に寄ってます。

 

撮影中、何だか臭う。川の臭いかと思ったが川は無臭。臭いは風に乗ってやってくる焦げ臭いもので当時、三芳町で発生していた「アスクル」の倉庫火災の煙の臭いだった。撮影現場に来る途中の見通しの良い橋から煙が見えて「まだ燃えているな」と思っていたが、まさか臭いまで襲来するとは。

 

| Yoshihi | 鉄道 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログパーツ
+ リアル電力使用量
+ URAWA REDS chronicle
+ Yoshihi1969-youtube
+ さいたま市けんて〜
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE