HOME STADIUM

Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


画像容量枯渇のため2017年10月1日より容量無制限となる「有料プラン」に変更いたしました。今後とも充実したブログを目指していきますのでよろしくお願い致します。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
秋の北海道撮影記
10月11日の夜は友人らと飲み、寝ている間に友人1人は「はまなす」に乗って帰ってしまいましたが、12日は残った3人で夜行列車の撮影のため朝5時に旅館を出ました。当初は長万部Sなどこの周辺で撮影する予定でしたがまだ暗い空でしたが非常に良く晴れ渡っており、急きょ落部方面に変更して国道5号線を南下しました。


▲朝陽に輝く8001レ「トワイライトエクスプレス」

動画のスイッチ投入に手間取り切り遅れてしまいました。また動画は断念しています。
しかし見事な輝きで「トワイライト」は噴火湾を走って行きました。またこの頃、海には無数のイカ釣り漁船が浮かび綺麗な漁火を見せていました。とても幻想的でしたがここに居た数人のカメラマンたちは、良いカメラを持ちながら誰一人海にレンズを向けませんでしたね(笑)


▲8001レ「トワイライト」

撮影後、1人の発案で「追い掛ける」ことにして高速を使い移動開始。長万部を目前にした国縫で私は腹痛で追跡断念、友人の乗ったレンタカーを見ながらインターを降りました。
用を済ませて連絡を入れると追いつけなかったようで次の撮影地へ向かっているとの事、こちらも現地へ移動再開。

次の撮影地は室蘭線の小幌〜礼文の俯瞰。


▲上り普通列車


▲1レ「北斗星」


▲1レ「北斗星」


▲1レ「北斗星」


▲【動画】礼文華を行く1レ「北斗星」


▲2081レ

礼文で撮影したあとは「SLニセコ」の撮影に向かいます。朝、ブルトレを撮り昼間はニセコ、夕方はトワイライトというパターンの方が多く、この時期の撮影者は半端無く多かった。

この日は非常に天気が良く、羊蹄山も良く見えていた。当初はワイスでと思っていたがニセコ南橋に変更した。


▲下り普通列車

紅葉を行く北海道のキハ40はいいですね!


▲羊蹄山も姿を見せるなか「SLニセコ」号が行く


▲引いて「SLニセコ」


▲【動画】羊蹄山をバックに「SLニセコ」が行く

「SLニセコ」撮影後、返しを狙う事無く再び室蘭本線へ。
夕陽の北舟岡を行く「トワイライト」を撮るためで前日もそこで撮影した友人は混んでしまうので早く行きたいとの事。
細川たかしの故郷である真狩村を経由し洞爺湖に出て北舟岡へ。幸い、場所を確保ししばし休憩。


▲ブルーな「スーパー北斗」


▲キハ40


▲貨物列車


▲8002レ「トワイライトエクスプレス」


▲183系「北斗」

この「北斗」まで撮影して帰途に就く友人らとはお別れです。道中に、飲みに楽しい時間をありがとうございました。

この後の予定も無く、ひたすら札幌方面に下道で走ります。当夜の宿は決めて無く札幌の休憩施設にしようと思っていました。千歳を通過する頃になると疲労も出て札幌まで行く気力もありません。少し大きめのレンタカーでしたので道の駅でマルヨすることにしました。恵庭の道の駅に行く途中、大学の敷地内から結構大き目な花火が打ち上げられていて癒されました。

コンビニで夕食を調達し就寝しようとしたとき、目の前の国道で道路工事が始まりました。

・・・つづく
 
コメント
from: 毎三尺木   2014/11/14 8:01 PM
私のわがままに付き合っていただきありがとうございます。
好天に恵まれ良い撮影ができたのはもちろんですが
居酒屋の時間が楽しかったですよ。
from: Yoshihi   2014/11/15 8:52 AM
毎三尺木様、コメントありがとうございます。
12日は非常に良く晴れ渡っており適切な判断だったと思います。お蔭で撮る事の出来たアングルもあり満足しています。
居酒屋の時間、たいへん楽しく過ごせました。もっと飲んでいたい心境でしたが撮影もありましたのでね。
またの機会を心待ちにしています!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshihiexp.jugem.jp/trackback/1980
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.