HOME STADIUM

Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


画像容量枯渇のため2017年10月1日より容量無制限となる「有料プラン」に変更いたしました。今後とも充実したブログを目指していきますのでよろしくお願い致します。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
浦女、杜の都に散る
19日(土)にユアテックスタジアム仙台で行われました『第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会』準々決勝の試合結果をお知らせいたします。

第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝
2015年12月19日(土)14:04キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台レディース 0-0(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0、PK5-3) 浦和レッズレディース

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 乗松、長船、高畑、臼井
MF 柴田、猶本、岸川(→91分 栗島)、長野
FW 吉良、後藤
SUB 田尻、石井、和田、白木

観衆:2,053人

仕事の関係で多忙が続き、土曜日も休日出勤や残業がありこの日も参戦を諦めていた。すると休日が決まり、さあ杜の都へ。とはいかず疲労が溜まっていたので自宅休養に充て試合はテレビ観戦。

試合は浦和の良いところが出まくりで守備が特に素晴らしく相手の得意とするカウンターを完全にブロック。攻撃も右サイドを起点に何度も相手を脅かした。危ない場面も当然あったがGK池田を中心に体を張って守り巧みなパスワークで効率よくボールを動かした。

両チームとも集中力を切らさず見ごたえある90分が経過してもスコアは0−0。延長戦でも膠着状態。後半にネットが揺らされたがオフサイドで助かる。浦和のコーナーの判定で蹴らずに延長戦は終了。PK戦に突入となった。

PK戦は運と言うように仙台は全員が決め、浦和は猶本が止められて5−3で敗れた。内容では浦和が勝っていたがサッカーはゴールの数を競う競技なので点を決めないとこうなる。しかし浦和の魂を見せてくれたレッズレディースは素晴らしいチーム。良いゲームを見せてくれて感謝したい。

今シーズンの浦和レッズレディースの選手の皆さん、監督とスタッフの方、そしてサポーターの皆さんお疲れ様でした。今年の浦和は男女とも素晴らしいサッカーをしても結果がついてこない状況、J1ではルールとは言え勝ち点無視の順位決定に憤りを感じておりサッカーの話題すら避けていました。レディースの試合を見て元気を貰いました。


なでしこ公式試合記録(PDF)

 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshihiexp.jugem.jp/trackback/2167
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.