〜HOME STADIUM〜







・観光は県内で楽しんでいただき、都内への観光は控えていただくようお願いします。

法第24条第9項に基づく協力要請
・発熱の症状があるなど体調の悪い人の外出自粛(医療機関への受診等を除く)
・夜の繁華街に限らず、感染症対策が十分にとられていない施設の利用回避
・国及び県の接触確認アプリの活用

要請に加えてのお願い
・密閉・密集・密接の「3つの密」の回避
・大人数での会食の自粛
・高齢者や基礎疾患がある方の都内への不要不急の外出自粛

埼玉県



J1リーグ浦和参戦の方
【入場について】 ・スタジアム設置のサーモグラフィー等で体温37.5度以上であることが判明したお客さまは入場をお断りいたします。
その際チケット料金およびそれにかかる手数料、並びに会場までの交通費等の返金には応じかねます。
自粛により会場へご来場されない場合も同様の対応となります。
・スタッフがチケット確認後、各自でチケットをもぎっていただきます。あらかじめご了承ください。
・必ずチケット券面に記載の入場門からご入場ください。
感染拡大防止の一環として『通行規制』を実施するため、記載されている入場門以外からのご入場はできません。









Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM(ホームスタジアム)」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


2017年10月1日より「有料プラン」にて運営中

パソコン事情により新規の画像、動画はスマホで撮影しています。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Jリーグ再開に向けて

今季Jリーグは2月にJ1とJ2の開幕節などが行われたあとウイルス感染拡大の影響により全日程を一時中止。数度の再開延期を経て、6月27日にJ2再開およびJ3開幕、7月4日にJ1再開とする新たな日程が決定されていた。

 再開直後は、選手らの移動を最小限にとどめるため近隣クラブの対戦が優先的に行われる。7月4日に行われるJ1第2節では、ガンバ大阪対セレッソ大阪の大阪ダービーや、浦和レッズ対横浜F・マリノス、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズなどのカードが組まれた。

 7月8日水曜日にはJ1第3節を開催。無観客試合(リモートマッチ)を終了し、最大5000人の観客入場が可能とされることが見込まれる7月11日および12日の第4節には浦和対鹿島や横浜FM対FC東京などのカードが予定されている。

 J2は6月27日および28日に第2節、7月4日および5日に第3節を開催。J3では開幕節となる6月27日の最も早い15時キックオフの試合としていわてグルージャ盛岡対ブラウブリッツ秋田、福島ユナイテッドFC対ヴァンラーレ八戸の2カードが予定されており、この2試合がJリーグ再開後の最初の公式戦となる。

 大会方式が変更されるとともに松本山雅FCが不参加となったルヴァンカップは、8月5日と12日にグループステージ第2節および第3節を開催する。

 7月4日に行われるJ1第2節の対戦カードは以下の通り。

18:00 横浜FC vs 北海道コンサドーレ札幌
18:00 清水エスパルス vs 名古屋グランパス
18:00 ガンバ大阪 vs セレッソ大阪
18:30 大分トリニータ vs サガン鳥栖
19:00 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス
19:00 柏レイソル vs FC東京
19:00 川崎フロンターレ vs 鹿島アントラーズ
19:00 湘南ベルマーレ vs ベガルタ仙台
19:30 ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島

■試合日程
明治安田生命J1リーグ日程(PDF)
明治安田生命J2リーグ日程(PDF)
明治安田生命J3リーグ日程(PDF)
JリーグYBCルヴァンカップ(PDF)

試合日程が発表されました。過密日程です。2〜3節は観客を入れない「リモートマッチ」で4節より7月中は5000人を上限に観客を入れる。8月よりスタジアムの収容人数の50%まで引き上げる。細かい運用内容は以下の図を参照のこと。

 

20200616_3005306.jpg

 

 

 

 

 

 

 

試合再開に向けチームも調整していく。その中で練習試合が組まれYouTubeサイトで配信された。また「投げ銭」システムも試用され今後のリモートマッチ(無観客試合)や入場者数制限の試合での活用を見通した。

試合はYouTubeサイトで観戦しました。試合勘が戻らないのか重い内容でした。「投げ銭」はシステム的に出来なかったので使っていませんがやれる方法や代わりになるような事を考えていきたい。

 

<練習試合:浦和1−2町田>◇13日◇埼玉◇30分×4本

浦和レッズが練習再開後、初の対外試合に敗れた。

1本目にFC町田ゼルビアMF高江麗央に先制点を許すと、2本目の終了間際にCKからFW安藤瑞季に追加点を奪われた。ベンチ入りメンバーをほぼ起用した浦和は4本目にFW武藤雄樹が何とかゴールを奪い返した。約1週間開幕の早いJ2クラブとの調整状況の差が出たようだ。

1本目の30分に出場したFW興梠慎三は「ピッチ(の芝)が長くて雨でぬれていたけれどボールが走らなかった。相手の若い選手に走り負けた。今日は全然ダメ。3カ月近くも試合なく、急にトレーニングしてもうまくいかない。時間はないけれど7月4日(のJ1再開)までにはコンディションを上げたい。変な試合をして申し訳ないです」と振り返った。

新型コロナウイルスの影響で、浦和は4月5日からチーム活動を休止し、5月27日から少人数グループでの練習を再開。6月4日から全体トレーニングを再開したばかりだった。1、2本目に出場したGK西川周作主将は「先制される試合ではなく、自分たちから仕掛けてたくさん点を取って楽しませたい。また試合を重ねるごとに良くなると思うのでポジティブにやっていきたいです」と前を向いた。

練習試合はクラブ公式ツイッターでライブ配信。4万7000人以上の視聴者数となった。また水内猛氏、坪井慶介氏の両OBによる解説で行われたライブイベントのギフティング企画では最高で1口10万円の投げ銭があった。

日刊スポーツ 2020年6月13日18時2分
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202006130000584.html

 

 

 

 

Jリーグより再開後の試合日程が発表されました。浦和レッズは7月4日(土)にホーム埼玉スタジアムで横浜F・マリノスと対戦します。スタジアムで観戦ができない試合からスタートし、7月12日(日)からスタジアムでの観戦をご案内して参ります。

再開後のホームゲームでは、スタジアム収容人数が制限されることから、大変心苦しいのですが、観戦をご希望の多くのファン・サポーターのみなさまにご来場いただくことができません。まずは今シーズンのシーズンチケットホルダーのうちDIAMONDステージ(継続年数25年以上)の方からご案内を始めさせていただきます。

また、席種・料金もこの期間に関しましては、大きく変更となります。
販売方法の詳細はまた改めてお知らせいたします。
※シーズンチケットの払戻し状況にかかわらず、対象ステージの方は全員、ご案内いたします。

【強い制限試合(上限5,000人)】
◆販売スケジュール
チケットの販売はJリーグの統一ルールとして、原則試合日の1週間前からとなります。
詳細なスケジュールは追ってお知らせいたします。

 

20200616_3005313.jpg

 

 

 

緩和された制限試合(会場収容人数50パーセント上限)】
◆販売スケジュール
チケットの販売はJリーグの統一ルールとして、原則試合日の1週間前からとなります。
詳細なスケジュールは追ってお知らせいたします。


◎対象試合
政府の方針に則り8月1日(土)以降の予定ですが、今後、状況により変更になる場合があります。

◆販売対象
REX TICKET限定(先着)
※LOYALTY先行⇒REGULAR先行⇒WHITE先行の順番で販売いたします。
※チケットをご購入希望の方はREX CLUBへのご登録が必要です。
感染症拡大防止のため、必ず連絡が取れるご連絡先をご登録ください。

 

 

20200616_3005320.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブよりチケットの販売要領が発表されました。ソーシャルディスタンスを確保するために全席指定となるようです。また料金も変更され少々割高になっています。シーチケ保有者、REX会員の優先販売となるようです。

要領を確認して安全を確保しながら参戦を考えてみたいと思います。DIAMONDステージの権利を有するので参戦試合を選びながら多くの方に試合を見てもらえるようチケットを買わない試合も作りたいと思います。

 

 

最後に横断幕についてクラブ側からJリーグに要望を出したようです。感染拡大防止のためのリスク管理により掲出禁止ですが浦和は掲出を認めるよう要望しました。これは嬉しい事ですしクラブの思いは届きました。しかし個人的には尚早とも思います。準備の問題もありますが横断幕の画像を撮影してオーロラビジョンに流すのもできるのではないかと考えています。

 

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.