〜HOME STADIUM〜







・観光は県内で楽しんでいただき、都内への観光は控えていただくようお願いします。

法第24条第9項に基づく協力要請
・発熱の症状があるなど体調の悪い人の外出自粛(医療機関への受診等を除く)
・夜の繁華街に限らず、感染症対策が十分にとられていない施設の利用回避
・国及び県の接触確認アプリの活用

要請に加えてのお願い
・密閉・密集・密接の「3つの密」の回避
・大人数での会食の自粛
・高齢者や基礎疾患がある方の都内への不要不急の外出自粛

埼玉県



J1リーグ浦和参戦の方
【入場について】 ・スタジアム設置のサーモグラフィー等で体温37.5度以上であることが判明したお客さまは入場をお断りいたします。
その際チケット料金およびそれにかかる手数料、並びに会場までの交通費等の返金には応じかねます。
自粛により会場へご来場されない場合も同様の対応となります。
・スタッフがチケット確認後、各自でチケットをもぎっていただきます。あらかじめご了承ください。
・必ずチケット券面に記載の入場門からご入場ください。
感染拡大防止の一環として『通行規制』を実施するため、記載されている入場門以外からのご入場はできません。









Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM(ホームスタジアム)」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


2017年10月1日より「有料プラン」にて運営中

パソコン事情により新規の画像、動画はスマホで撮影しています。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アフターコロナの通勤電車

こんなニュースがありました。

 

20200315_2964703.jpg

 

 

 

JR東日本は、埼玉県と神奈川県を結ぶ京浜東北線で、車掌が乗務しないワンマン運転を始める方向で検討を始めた。2024年度をめどに車両側面のカメラで乗り降りを確認できる機能を備えた新型車両を投入する。ボタンを押すだけで停止や速度調整ができる自動運転装置も搭載し、運転士の負担を軽減。各駅へのホームドア整備で安全を確保する。関係者への取材で27日、分かった。

 人口減少で鉄道各社は乗務員の確保が難しくなると見込む。京浜東北線は東京都心で山手線と並走する全国屈指の混雑路線。JR東が都心の路線をワンマン化すれば初めてとなり、各地の都市鉄道に広がる可能性がある。(共同)

 

まだ目新しさのある京浜東北線のE233系1000番代に変わる新型車両を同線に投入する。この記事では形式については言及がないが関係者からはE235系がベースになるようですがJR東日本からの情報ではE235系の投入順番にはいまのところ京浜東北線は謳われていない。将来的には無人運転も思惑にあるようです。

余談になるが投入年の2024年は房総各線にワンマン仕様のE233系を投入する事が千葉労働組合の資料にあるようです。また高崎支社の211系置き換えにもE233系が計画されているようでそのE233系の出どこは京浜東北線なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事はこの京浜東北線に限った話でなくコロナを受けての新しい生活習慣から新しい通勤電車の姿を見通したい。

 

外出自粛、人との接触を避ける、テレワークの推進などがさけばれ一時的に課題の「満員電車」が解消されました。テレワークの推進はコロナ終息後も進められる傾向であり通勤電車の在り方も変化が求められる。

首都圏の鉄道は通勤・通学輸送が支えている。テレワークが進められると利用客減少が一層進むことになる。もちろん減収となるがコロナが無い時代から鉄道会社は人口減を見越して不動産や駅ナカ事業など対策を講じている。

 

利用客減少とテレワーク推進、また学校のリモート化も進む見込みで通勤・通学輸送ラッシュは軽減されていくだろう。これまでは混雑緩和のため列車増発や車体拡幅、ドア増設などを講じて来た。ホームの拡張も行われています。それらの対策には膨大な費用が投じられており今後の利用客減では費用対効果、コストに見合わなくなる。

 

なかでも1番気になるところだが2分弱の間隔で電車を走らすにはそれなりの車両が必要となります。山手線で500両あまり、京浜東北線では800両の車両が投入されています。電車を作るのに1両で数億円、編成では十数億円が掛かります。

大金をはたいて用意した車両はラッシュのフル稼働を終えると大半の車両が車庫で待機となります。

 

現在、更新期でもあると思うがJRに限らず多くの鉄道会社で通勤輸送用の車両を増備している。

 

もしラッシュが無くなると今よりも少ない車両で運用することが出来る事で車両製造費や整備費などコスト削減に繋がります。上の記事で京浜東北線のワンマン化など運転士を含めた無人運転も研究されコスト削減に繋げているが将来の利用状況を慎重に見極めて車両の増備を計画してほしいと思います。

 

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.