HOME STADIUM

Yoshihi-EXPRESS-blog「HOME STADIUM」は
鉄道を始め浦和レッズなどの話題をYoshihiの観点から綴ります。


画像容量枯渇のため2017年10月1日より容量無制限となる「有料プラン」に変更いたしました。今後とも充実したブログを目指していきますのでよろしくお願い致します。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
URAWA REDS chronicle
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新型お召し電車登場
先週の木曜日、東急車輛(一部日立製)から新型お召し電車が完成しJR東日本に引き渡された。

新「お召し列車」お目見え 秋以降に運用開始
2007年07月06日19時40分

JR東日本が持つ皇室専用「お召し列車」の新型車両がほぼ完成、メーカー側から都内のJR車両基地に引き渡された。現在の特別列車は最長70年が経過、同社が世代交代を検討していた。秋以降に運用が始まり、一部車両は一般向けにも走らせる。

濃い茶色に金色の3本線が走る外観の電車。1両が皇室専用。残り5両は「ハイグレード車両」と呼ばれる随行員用で、一般向け豪華電車にも使われる。JRによると、最高時速130キロで、通路を挟んで2列と1列のゆったりした座席配置。東急車両製造が造った。

現在の特別列車は5両編成の客車で、機関車に引かれて走る。皇室専用の「御料車」、随行員用の「供奉(ぐぶ)車」から成り、製造後40〜70年経過。世代交代後は、さいたま市に10月にできる鉄道博物館に移される。

ニュース記事


新型車両は「E655系」と形式され御料車を除く編成で一般の臨時列車にも使用される。運用開始は秋とされており皇室の公務では秋田で予定されているとか。E655系は機関車との互換性も考慮され「客車」としても運用可能だとか。システム的にも画期的な車両と言えます。

そしてこれまで鉄道ファンを魅了してきた「1号編成」が引退するようです。引退後は鉄道博物館で展示されるらしいですね。「1号編成」・・・1983年赤城国体、1984年フルムーン、2001年石巻線での活躍を見させて頂きました。
コメント
from:   2008/08/04 1:07 PM
越後湯沢駅で見ました。何だ?ってびっくり!ラッキーでした。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoshihiexp.jugem.jp/trackback/303
E655系E655系電車は、東日本旅客鉄道(JR東日本)所有の交直流電車|交直流特急形車両|特急形電車。概要従来のお召し列車用客車(皇室用客車|1号編成)の老朽化に伴い、6両編成1本が製造された。編成はクロE654-101(Tsc) - モロE655-101(Ms) - モロE65
あみの部屋 | 2007/07/26 5:23 AM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.